MES M-XRAY® (MXRAY)

MES M-XRAY®は、正確かつ高速の構造解析および複雑性解析によって、Simulink®、Stateflow®、Embedded Coder®、TargetLink®の各モデルに完全な透明性をもたらします。

ISO 26262準拠のモデルアーキテクチャの解析と視覚化

安全なソフトウェアにとって、それを生成するモデルのアーキテクチャがすぐれていることは、重要な前提条件です。MES M-XRAY®はSimulink®、Embedded Coder®、TargetLink®の各モデルのアーキテクチャ解析に役立ちます。解析後には、お使いのモデルのアーキテクチャ、複雑性、パラメータを正確に評価するために、すべての実用的な評価指標が利用可能です。

サブシステムにおけるクローン検出

MES M-XRAY®のサブシステムにおけるクローン検出と内部コンテキストの評価は、複雑でエラーの起こりやすいモデル部分を発見し、モデルの複雑性を下げるのに役立ちます。これにより、ソフトウェアアーキテクチャのデザインに関するISO 26262の重要な要件を満たすための有益なサポートが受けられます。

 

MXRAYの主要なメリット:

 
透過性
  • モデルの複雑な部分、いわゆるホットスポットをオープンにします
  • 大型のモデルでもサブシステムのコピーを感知
シンプル
  • モデル構造を視覚化
  • 構造の複雑性を計算
評価指標
  • モデルの関連評価指標をすべて計算
  • モデルのボリュームを計算
準拠性
  • 安全規格ISO 26262(モデルアーキテクチャのデザイン、モデルの複雑性)との準拠性を保証
  • 品質規格ASPICE(ソフトウェア詳細デザイン評価、ベストプラクティス SWE.3.BP4)との準拠性を保証

 

MXRAYの主要な機能:

1.構造をすばやく概観
構造をすばやく概観

MXRAYはモデル構造、サブシステムおよび階層秩序、分析したシステムの特性に関する客観的指標および評価指標をすばやく、見やすく表示します。MXRAYは信頼できる評価指標を手がかりにしてモデルの複雑性を評価します。その他の指標は例えば使用している要素の種類や数などについての情報を与えます

2.モデルサイズの実際量
モデルサイズの実際量

「自分の使っているモデルは実際にはどのくらい大きいのか」という問いについて、MXRAYはグローバル複雑性に関する評価指標を使って、シンプルに客観的に答えを出します。グローバル複雑性の計算には、モデルに含まれているすべての要素が考慮に入れられます。実装規模としてのモデルサイズに関する評価指標として、グローバル複雑性は、モデルの一部およびモデル全体のテストとレビューのコストに関して迅速な基準を与えます。

3.詳細まで解析
Lokale Komplexität

モデルにおける実装機能のローカルの割り当てがローカル複雑性を使って評価されます。MES M-XRAY®はSimulink®、Stateflow®、TargetLink®の各モデルにおけるサブシステムのローカル複雑性をハルステッド・メトリクスを手がかりにして測定します。

評価目盛りは複雑性ホットスポット、つまり機能の頻度が高すぎることによって複雑性が高すぎるモデル部分をすばやく確定することを可能にします。このホットスポットは経験上、その複雑性が原因になってテストがしづらく、エラーが発生しやすい箇所です。ホットスポットではモデルの構造を作り直す必要があります。

リファクタリングを簡単に実行できるところでは、評価指標が首尾一貫していないことを示しています。この評価指標はSimulinkサブシステムの要素が最大限に可能な一貫性からどれだけ逸脱しているかを示しています。逸脱が大きければ大きいほど、リファクタリングは容易になります。

4.コピーの効果的な検索
コピーの効果的な検索

MES M-XRAY®はお使いのSimulink®、Stateflow®、TargetLink®の各モデルのサブシステムにあるクローンを - それどころかレイアウトの変更やパラメータの変更の場合にも - 感知します。頻繁に何度も使用される機能は、特定して、ライブラリに調達できます。それゆえモデルとコードはスリムな状態のままです。

5.包括的なドキュメント化
包括的なドキュメント化

膨大なレポートにより、モデルの複雑性や構造品質の評価が一覧できます。

カラー目盛りは複雑性ホットスポットを直接示しています。詳細な評価指標一覧により、モデルの実装が透明化されます。