MES Model Examiner® (MXAM)

モデルの自動チェック

MES Model Examiner® (MXAM) は、MATLAB Simulink®/Stateflow®、MathWorks Embedded Coder®、dSPACE TargetLink®、SparxSystems Enterprise Architect®、ETAS ASCET®の各モデルの自動ガイドラインチェックに最適なツールです。

ISO 26262に準拠したモデリングガイドライン検証

MXAMにはMATLAB®の最新のモデリング規格のすべてのガイドラインが含まれています。MXAM MISRAコンプライアンス・ソリューションとMXAMファンクショナルセーフティ・ソリューションの両方のエディションではモデルのMISRA®準拠性ならびにISO 26262準拠性を迅速かつわかりやすく検証することが可能です。それゆえ両方のエディションは、Embedded CoderまたはTargetLinkを使った自動コード生成に最適な準備ができています。

MXAM ASCETソリューション エディションはASCETモデルの効率的な生成のための広範囲のベストプラクティス ガイドラインを提供しています。

ASPICE準拠検証

ASPICEに準拠したアーティファクトのドキュメント化とコミュニケーションの要件はMXAMを使ったガイドラインチェックで完璧に実行されます。

企業特有の拡張

MXAMを使えば、もちろん企業特有のモデリングガイドラインも迅速に実現し、高信頼性でチェックできます。これらのチェックの組み込みのためにMXAMは幅広い大規模な管理フレームワークを提供しています。

 

 

MXAMの主要なメリット:

 
生産性
  • モデルレビューとモデル最適化を効率的にサポート
  • 自動解析の設定が簡単
スケーリング
  • 大規模なモデルシステムでも容易にチェック可能
  • 個々のワークステーションから企業全体の統合まで使用可能
制御
  • ガイドラインとチェックの大規模な管理
  • ツールチェーン統合のための様々なテクノロジーのサポート
準拠性
  • モデルガイドラインや典型的な安全規格(ISO26262、IEC61508、DO178Cなど)との準拠性を検証

 

MXAMの主要な機能:

1.ロバストなモデル
ロバストなモデル

モデリングスタイルの焦点をベストプラクティスに合わせると、モデリングのエラーをすでに早期に防ぐことに役立つので、その他の機能検証に関してロバストなモデルが利用できます。MXAMでは、MISRA SL/SF、MISRA TL、Embedded Coder、TargetLink Known Problemsの諸規格のモデリングガイドラインがモデルのロバスト性を検証します。さらにMESファンクショナルセーフティのドキュメントが、特にセーフティクリティカルなソフトウェア機能のためのロバストなモデリングを検証するガイドラインを提供しています。したがって、この補足により、ISO 26262、ISO 25119、IEC 61508、DO 178Cのような安全規格に準拠したモデリングが可能になります。

2.メンテナンスの手間の削減
メンテナンスの手間の削減

モデルのレイアウトの統一によって、可読性とメンテナンス可能性が向上し、エラー箇所を確定するのに役立ちます。MAAB規格のガイドラインが、その他のMESレイアウトガイドラインやMESベストプラクティスガイドラインによって補足されて、MXAMにおける可読性およびメンテナンス可能性向上を確実にしています。

3.自動コーディングに最適化されたモデル

モデルベールの開発においてはソフトウェアモデルがソフトウェアコードの基礎になります。モデルを最適に準備した場合、コード生成が自動化して行えます。これにより、開発リソースを節約できます。キャパシティはそれが必要とされるところに - 機能開発と機能検証に - 使用されます。Embedded Coder、TargetLink、ASCETのような一般的なコード生成ソフトに関しては、モデルが効率的な自動コード生成に最適になるようにMXAMは特別なガイドライン文書を提供しています。

4.包括的なレポートとモデル修復の指示
包括的なレポートとモデル修復の指示

MXAMではガイドラインチェックの結果をわかりやすく概観できます。エラーが発生した場合、MXAMがエラー箇所に直接導き、解決の可能性を記したエラーの説明を供給します。多くのケースでは修正機能が利用可能で、希望に応じて、この機能がエラーを自動的に修復します。時間を節約して快適にモデルを修復することができます。

5.モデルのインタラクティブなピアレビュー
モデルのインタラクティブなピアレビュー

MXAMでは注釈を使って個々のルール違反に関してコメントを付け加えることができます。結果のレビューと評価はたえずドキュメント化できます。MXAMはガイドラインチェックの完全なドキュメント化を保証します。自動チェックの場合も、手動で実行されたガイドラインチェックの場合もドキュメントが統合して生成され、保存されます。

6.フレキシブルなドキュメント化
フレキシブルなドキュメント化

チェックと結果のドキュメント化はMXAMで自動的に行われます。レポートはHTML、PDF、EXCEL、XML形式でユーザー定義のテンプレートに基づいて作成できます。

7.モデリングガイドラインを快適に管理
モデリングガイドラインを快適に管理

特殊フレームワークにより、MXAMで膨大なガイドラインおよびチェックのライブラリを快適に管理できます。さらに企業内のガイドラインとチェックも簡単にライブラリに組み込み、管理できます。このわかりやすい管理方法は品質の明瞭なトレーサビリティに役立ちます。モデルチェックの結果はいつでも複製可能です。

MXAMのエディションの比較:

MXAM Guidelines Checks